iPhone8の新画像が流出、しかも背面部に「Touch ID」が、、、

またもや、Benjamin GeskinさんによるiPhone8なる画像がツイートされてました。いままで公開されていたiPhone8とはまた異なるもののようです。

iPhone8の試作品?

この新たな流出画像の出どころは運送会社の検査担当の方のようです。それをBenjamin Geskinさんに投稿したようですね。

この投稿画像からディスプレイには3D顔認証のカメラが搭載されてないことが伺えるようで、Touch IDは裏側に移動したのではないかとゆうふうに思われます。しかし、3D顔認証機能がiPhone8には搭載されるとほとんどのメディアが予想していた矢先にこのような画像が流出したことで、「ほんとかよ!」って思う方も多いかったでしょう。多分、テスト的に製造されたものではないかとゆうふうにも取れますね。

しかし、それに対してこの画像を撮影した提供者は以下のようなコメントしています。

  • バッテリーを含む荷物の安全検査をしていると、背面にTouch IDセンサーのついた大量のiPhoneが、毎日数パレット単位で届いてくる。
  • ディスプレイ、チップ、コード、ケースなど様々な部品類もあった。
  • 写真を撮影するのは難しいが、監視が比較的ゆるいエリアで何とか撮影した。
  • 写真のディスプレイ部品は数週間前から届きはじめ、かなりの量になっている。
  • 荷物のラベルを見ると、毎日多くのiPhoneのディスプレイが、アジアのAppleサプライヤーからAppleに送られていく。
  • 箱は、税関と安全検査のためにあけた。
  • これは少量生産のテスト品ではなく、量産品と考えられる。

とのことです。

真相はどうなんでしょうかね!?

コメントを残す