iPhone8の発売が遅れる?Touch IDの問題解決できず

iPhone8の発売が予定される9月まで約2ヶ月前まで迫ってきましたね。しかし、そのiPhone8の発売が9月に間に合わないとゆう情報が「KeyBanc Capital Markets」のアナリストである「Andy Hargreaves」さんが発表したようです。

iPhone8のディスプレイには埋め込み式Touch IDは搭載されない

なにやら、iPhone8はディスプレイにタッチして指紋認証をする為のTouch IDの技術的な問題を解決できてないとゆう発表があったようです。

現行で発売されているアイフォンと指紋認証の速度や精度を比較した時にディスプレイに埋め込まれたTouch IDの指紋認証の精度や速度が劣っているとゆうのです。

この状態で製品として発売した時にユーザーのストレスはかなりのものになるとゆうことが予測されているのようですね、それが原因でiPhone8の発売は10月、11月になるのでは?と囁かれているようです。

iPhone8は「3D顔認証」がメインになるのか

そこで、iPhone8のディスプレイへのTouch IDの埋め込みに技術的な問題があるとゆうことで、「3D顔認証」が有力な案とされていますが、こちらも現段階だとアップルペイを利用する時やログインをする時などが3D顔認証だけとになることで、利便性が悪くなるとも言われているようです。

3D顔認証の技術も環境や状況で安定した動作が期待できないのでは?とゆう意見もあるようで、結局、iPhone8の発売日は9月に間に合わないとゆう結論が出ているようですね。

 

コメントを残す