iPhone8の背面部に3Dセンサーが搭載?ARやカメラの技術飛躍!

iPhone8の背面部に3Dセンサーが搭載されるとの情報がアメリカのメディア「FastCompany」が報道したようです。

iPhone8にVSCELレーザーが搭載

iPhone8にVSCELレーザーが搭載されるようです。このVSCELとは日本で開発された画期的な技術なんですよ、省電力で動作できること、しかも小型なのでアイフォンなどのスマートフォンに搭載できるのです。

それで、このVSCELレーザーで何ができるかですが、対象物までレーザーを飛ばし、跳ね返ってくるまでの時間を計測して距離を測る技術です。

それにより、カメラのオートフォーカス機能の向上などやより高精度のAR技術が可能になるようです。

iPhone8は防水性能も向上

iPhone8の情報を伝えている「FastCompany」によればiPhone8に搭載されるボタンなどが密封しきになるのではと報じているようで、今までよりも防水性が向上するのでは?と伝えているようですね、

たしかに、お風呂やちょっとした水場でアイフォンをいじりたいとゆう人も多いですよね?

しかし、技術的にこれらの問題がパスできたらかなり楽しそうですね。

 

コメントを残す